壊れにくいパソコンメーカーランキング − 1位はASUSで、Appleは4位に

ネットの執事が教えるパソコン修理が、国内3万人のパソコンユーザーを対象にアンケートを実施し、メーカー別の故障発生率を調査した結果を公開しており、壊れにくいパソコンメーカーランキングの1位はASUSで、Appleは4位だった事が分かりました。

macseries201610
1位のASUSの5年以内の故障率の合計は13.26%で、2位はHPで同15.15%、3位はLenovoで同16.15%、そして4位のAppleは同16.30%となっています。

【壊れにくいパソコンメーカーランキングの結果】
・1位:ASUS
・2位:HP
・3位:Lenovo
・4位:Apple
・5位:富士通
・6位:Panasonic
・7位:NEC
・8位:EPSON
・9位:FRONTIER
・10位:SONY
・11位:Acer
・12位:東芝
・13位:DELL
・14位:ONKYO
・15位:mouse
・16位:ドスパラ
・17位:パソコン工房
・18位:TSUKUMO

(via ネットの執事が教えるパソコン修理


Appleの不具合症状で多いのは電源系の故障で、その割合は47.8%となっており、次いで使用中故障が29.4%、液晶系故障が11.8%、物理的故障が4.8%となっています。

また、Appleの有償修理費用は調査対象の18社の中ではダントツに高いそうで、その費用は5万円~7万円が3割を占めており、約8割が1万円以上かかっている事が分かりました。

次に、サポートに対する評価については、18社中1位となっており、約半分のユーザーが満足と答え、やや不満以下が0%と、今回の調査では不満に思うユーザーはいなかったようです。

なお、ネットの執事が教えるパソコン修理には他のメーカーの評価結果など、かなり詳しい調査内容が掲載されているので、是非ご覧ください。


[via IT速報

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事