Apple、開発者に対し「Classroom 2.0」のベータ版を公開

本日、Appleが、開発者に対し、教師が生徒の学習の進捗状況を一元管理できる「Classroom」アプリの次期バージョンである「Classroom 2.0」のベータ版を公開しています。

classroom
「Classroom 2.0」では、モバイルデバイス管理サーバに登録されていない「iPad」でもサポートされるようになった他、「AirDrop」を利用して学生と文書やリンクを共有する事が可能になっています。

なお、開発者の方はDev Centerよりダウンロード可能です。


[via Neowin

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事