Apple、「Mac」向けにARMベースの新型チップ「T310」を開発中か

米Bloombergが、Appleは昨年からARMベースのMac向け新型チップを開発しているようだと報じています。

th_mbp-2016-spgry-family-onwhite_pr_00-0008-227_v1_mr_s-print
そのチップのコードネーム「T310」と呼ばれており、「MacBook Pro (Late 2016)」のTouch Barに電力供給する「T1」チップと似ており、Intel製のプロセッサと共に動作し、「Power Nap」機能といった低電力モード機能の一部を処理する為に用いられるものとみられています。

なお、この新型チップは今年後半に発売される次期「MacBook Pro」に搭載される可能性があるとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事