Microsoftのスキャナーアプリ「Office Lens」がiPadにも対応

本日、Microsoftが、iOS向けスキャナーアプリ「Office Lens」をアップデートし、最新版のバージョン1.5をリリースしました。

officerlens

「Office Lens」は手軽で便利なスキャナーアプリで、ホワイトボードや書類の内容を撮影すると、必要な箇所だけを切り出し、高画質で読み取りのしやすい画像で保存され、画像は、編集可能なWordファイルやPowerPointファイル、または検索可能なPDFファイルに変換可能です。

同アプリはこれまで「iPhone」にのみ対応していましたが、今バージョンでは新たに「iPad」にも対応し、より大きな画面で利用することが可能になりました。

また他にも、複数のバグが修正されています。

なお、同アプリの価格は無料で、日本語にも対応しています。

Office Lens
価格:無料 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。