Apple、年内発売の次期「iPhone」に有機ELパネルを採用予定か

本日、日本経済新聞が、台湾の鴻海精密工業と傘下のシャープが、中国の河南省鄭州市にスマートフォン向け有機ELパネルの量産工場を建設することの検討段階に入ったようだと報じています。

th_iphone-6-curved-display-1

その中で、Appleは年内にも「iPhone」に有機ELパネルを搭載する予定とも報じており、鴻海精密工業は鄭州市に「iPhone」の組み立て工場を持っており、有機ELパネルも生産することで、輸送費などのコストが抑えられるものとみられています。

ただ、有機ELパネルは効率よく量産するのが技術的に難しく、Appleもどれだけ調達するかが不透明という事から、シャープの戴正呉社長は2018年に稼働予定で日本の堺市に設置される試作ラインでの生産がうまくいけば検討するという考えのようです。

これまでの情報では、次期「iPhone」向けの有機ELパネルはSamsung Displayが独占的に供給すると言われており、もし鴻海精密工業が有機ELパネルの量産工場を建設したとしても、2018年以降に発売される次世代「iPhone」から採用される事になります。

8 COMMENTS

匿名

それはない
Appleに採用してもらう為に下請けメーカー達が量産化やコスト削減競争をしてくれるから

匿名

客単価上げたいんだから普通に上がるよ。
高級iOSデバイスが出てきたのが何よりの証拠
まあ現に値段も上がってきてるしな

匿名

これで今年は7sだとほぼ確定したようなものか。
前々からそういう情報が流れてたとはいえ

匿名

余計な事せずに外観だけ変えれば爆売れよ

現在コメントは受け付けておりません。