「Windows 10」の新しいデザイン言語「Project NEON」のスクリーンショットが流出

去年11月、Microsoftは今秋にリリース予定の「Windows 10」向けの次期大型アップデート「Redstone 3」で、新しいデザイン言語「Project NEON」(コードネーム)を導入するようだと報じられましたが、MSPUが、「Project NEON」のスクリーンショットを入手したとして公開しました。

neon-2
「Project NEON」は現在の「Windows 10」のユーザーインターフェイス「MDL2」をベースにしたマイナーアップデートのようなもので、「Windows 7」のAero Glassや「Windows Phone 7/8」のアニメーションを取り入れ、アニメーションや明瞭さ、一貫性に重点を置いたユーザーインターフェイスになるとのこと。

また、「Project NEON」では、「Windows 10」のデザインに「Acrylic(アクリル)」と呼ばれる新しいコンポーネントが導入され、バッググラウンド、サイドバー、アプリのナビゲーションなどにぼかし効果が取り入れられます。

th_neon-1
なお、「Project NEON」では、他にも3DやHoloLensとの連携にも多くの焦点が当てられています。



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事