次世代「iPhone」はフレキシブル有機ELディスプレイを採用か − LG DisplayがAppleなどと協力し開発中

韓国のET Newsが、業界筋の話として、LG DisplayはAppleとGoogleなどと提携し、スマホ向けのフレキシブル有機ELディスプレイを開発している事が確認されたと報じています。

lg-curved-foldable-displays
このフレキシブル有機ELディスプレイは折り畳み可能で、2018年に量産を開始し、AppleやGoogle、Microsoftに供給する予定とのこと。

この話が本当であれば2018年に発売される次世代「iPhone」では有機ELディスプレイが採用される事が予想出来ます。

なお、2017年に発売される次期「iPhone」でも有機ELディスプレイが採用されるとの情報がありますが、一部の上位機種に限られる可能性があります。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事