米Apple、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」への出資で協議か

本日、Reuterが、関係筋の話として、Appleはソフトバンクが設立する1,000億ドル(約11.5兆円)規模のIT分野に投資するファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」に対し、最大10億ドル(約1,150億円)を出資する可能性について協議したようだと報じています。

apple-sign-sky
「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」にはソフトバンクが250億ドル(約2.8兆円)以上を出資し、サウジアラビアの公的投資基金(PIF)が最大450億ドル(約5.2兆円)を拠出する方向とみられており、Appleは同ファンドに投資することにより、新興技術への洞察を得る狙いがあるのではないかとみられています。

「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の設立に関するお知らせ(ソフトバンク)


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事