Apple、同社のデザインの20年を振り返る写真集「Designed by Apple in California」を11月16日に発売へ

本日、米Appleが、Appleのデザインの20年を振り返るハードカバー写真集「Designed by Apple in California」を11月16日に発売することを発表しました。

th_designed-by-apple-in-california-1

同写真集には、1998年のiMacから2015年のApple Pencilまでの製品に加え、Appleのデザインチームが20年以上もの間、革新を続ける中で使用してきた材料や技術についても記録されています。

また、大きさは小と大の2サイズが用意され、小は10.20×12.75インチで199ドル(20,800円)、大は13×16.25インチで299ドル(30,800円)となっており、特別な製造工程で作られた、金箔つや消し銀縁を施して専用染色された紙に、8色分解と低ゴーストインキを使って印刷されています。

なお、11月16日よりオーストラリア、フランス、ドイツ、香港、日本、韓国、台湾、イギリス、アメリカのオンラインストアと一部の直営店(日本は銀座店のみ)で販売が開始されます。

th_designed-by-apple-in-california-1

 ・ニュースリリース(英語)
 ・ニュースリリース(日本語)

5 COMMENTS

匿名

斜め上の信仰心が試されるなw
アップルの現政権クック陣営は左寄りの破壊的新教
その結果が3期連続減収減益マイナス成長
先人が残した遺産を食いつぶしていくだけ
ラップトップ部門もこの体たらくじゃ競争力ないな

匿名

ド草ァ!
今やドングル企業と成り果てたAppleの来し方が楽しめる本。
信者の皆さん、お布施の準備よろしくゥゥ~

匿名

去年くらいファンの誰かが同じくらいの値段で出してたな
あっちは本物の写真で、コレクション&撮影費で多少は納得はできるけど、

公式のこれは、CGレンダリングだから写真集(PhotoBook)って名前はちょっと…

匿名

この本にある製品は、どれも多くの異なるグループ間の緊密な連携の賜物です。写真家アンドリュー・ザッカーマンによってあえて簡素なスタイルで撮影された450枚の写真は、Appleのデザインプロセスと共に、製品の完成形も写し出しています。

匿名

一番最初に出たデザイン本は価値があると思う。なぜなら、自分が見たことのないプロトタイプの写真や日本未発売モデルなどの写真と資料だったから。2冊目とこれは価値ない。今まで自分が買ってきた製品だらけだからね。なので買わない。

現在コメントは受け付けておりません。