Apple、「iOS 10.1.1」の修正版を配信開始 ー 何らかの不具合を修正か

本日、Appleが「iOS 10.1.1」の修正版とみられる新たなビルドの配信が開始されました。

ios10logo

当初リリースされていた「iOS 10.1.1」のビルドナンバーは「14B100」でしたが、新たに公開された修正版では「14B150」となっており、既に「iOS 10.1.1(build 14B100)」にアップデート済みのデバイスにはOTAでは配信されず、iTunes経由でのみ「build 14B150」へアップデート可能となっています。

修正点などは不明ですが、恐らく何らかのバグが修正されているものと予想され、既に「iOS 10.1.1」を利用中の方で特に問題がない場合は無理にアップデートする必要はないと思われます。

なお、変更点は何か分かり次第、別途お伝えします。

[via MacRumors]

4 COMMENTS

匿名

iPhone 6s plusとiPad mini 2、共に14B100だった。
設定内のソフトウェアアップデートだと「最新です」だけど、
Macに繋いでiTunesでアップデートを確認したらアップデートありで14B150になった。

匿名

私は電話が掛けられなくなる事が頻繁に起きていました。
アプリを何度か再起動させるとうまく行くことがあります。

匿名

14B100のiPhoneのバックアップデータから、14B150のiPhoneに復元しようとすると互換性が無いかバックアップデータが破損していますと表示され、復元できません。バックアップは正しく完了したはずなのに復元できません。

当方のバックアップデータがただ破損していただけなのか、なにかビルドが違うことによる影響なのか調べて欲しいです。

匿名

ケーブルを挿しても充電がされませんでした。
14B150にアップデートしたからかどうかは確認できていませんが、改善したようです。

現在コメントは受け付けておりません。