【ポケモンGO】卵から孵化するポケモンや出現するポケモンを変更 − ポッポやコラッタの出現率低下

本日、Nianticが、「ポケモンGO」において、卵から孵化するポケモンと出現するポケモンを変更したことを発表しました。

pokemongo2

これはTwitterで明らかにされたもので、今回の変更により、卵からポッポとコラッタが孵化しなくなった他、これまで5㎞と10kmの卵から孵化していたイーブイが、今後は5kmの卵からのみ孵化するようになっています。

また、ポッポ、コラッタ、ズバットが出現しやすかった場所に、他のポケモンが出現しやすくなっており、前述した3ポケモンの出現率が低くなっています。

3 COMMENTS

ナイアン

これで「たんパンこぞう」のメダルを獲得するのがさらに難しくなったな。
「小さいサイズのコラッタ」を78匹しかまだ捕まえていない。
コラッタとポッポしか出現しないからこそ希望があったのに、「300匹捕まえろ」とか無理です。

匿名

コンパンとかパラスみたいな微妙なポケモンを増やされるぐらいならポッポとかコラッタの方がマシなんだがなあ。

匿名

カイロスさんが10kmから消滅したんですか?!

現在コメントは受け付けておりません。