iFixit、新型「MacBook Pro 13インチ」のTouch Bar非搭載モデルの分解レポートを公開

iFixitが、先日に発売された新型「MacBook Pro 13インチ」のTouch Bar非搭載モデルの分解レポートを公開しました。

th_hvmxhbrycrp3jtg2
既にOWCの分解レポートでも明らかになっている通り、同モデルはSSDを取り外すことが可能で、標準で搭載されているSSD(256GB)はSanDisk製となっており、SSDのコントローラーチップはApple独自のカスタムチップが搭載されています。

また、搭載されているLPDDR3メモリはSKhynix製で、Thunderbolt 3のコントローラーチップはIntel製となっています。

新型「MacBook Pro」シリーズでは「MacBook」から採用されているバタフライ構造のキーボードの第2世代版が搭載されていますが、下記画像が新型「MacBook Pro」(左)と「MacBook」(右)のキーボード内部の比較写真となっています。

jisjisjoidji
なお、同モデルの修理し易さを示すスコアは10点満点中2点と低く、非常に修理し難いとの評価となっています。

 ・iFixit
 ・MacBook Pro


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事