次期「MacBook Pro」では価格の値下げや32GB RAM搭載が特徴に??

9To5Macによると、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleは2017年後半に「MacBook Pro」シリーズのモデルチェンジを行い、価格が値下げされる他、32GBのRAM(メモリ)が採用されるかもしれないと予想していることが分かりました。

th_mbp-2016-spgry-family-onwhite_pr_00-0008-227_v1_mr_s-print

Appleはフルモデルチェンジした後は価格を高めに設定し、翌年に値下げする傾向があり、2017年に発売される次期「MacBook Pro」は値下げされると予想しています。

また、Intelが10nmプロセスを採用した新型プロセッサ「Cannon Lake」(コードネーム)を2017年に投入し、次期「MacBook Pro」が作用した場合、32GBのメモリが選択可能になり、より高速で消費電力に優れたLPDDR4メモリが採用されるとみられています。

ただ、「Cannon Lake」が遅れた場合、14nmプロセスの「Coffee Lake」(コードネーム)を搭載し、その場合は現行モデルと同じLPDDR3メモリが採用されるものと予測しています。

なお、これまでの情報では、「Cannon Lake」は2017年第4四半期に投入される予定ですが、「MacBook」や「MacBook Air」向けのUシリーズとYシリーズで、「Coffee Lake」が「MacBook Pro」向けであると考えられることから、上記の後半部分の予測は話半分で捉えておいた方が良いかもしれません。

10 COMMENTS

macout

メモリが増えて価格が下がるなんて、シロウトの私でも予想できるのですが。。。

匿名

自称アナリストを馬鹿にするのはやめましょう

匿名

今回はメモリ増えなかったからアナリストの予想はずれてるよ。

匿名

Apple は価格が高くなろうが、しっかりプレミア価格でアップグレードオプションを提供して利益を上げる会社なのだから、今回電力の問題で 32GBにできなかったってのはそうなんだろうなあ。

匿名

こないだシラーがRAM増やすとバッテリー消費ガーつってたじゃん

伝統のフラグだったのか?

匿名

薄くするためにバッテリーを小さくしたり、単純に出来るのにやらなかったことで消費者が買い控えする、とアナリストが考えたんだろう。
32GBを必要とする層の使い方だと、どうせメーカーの想定する稼働時間なんて保たないんだから。

現在コメントは受け付けておりません。