Microsoft、世界各国のWindowsストアで10万本を超えるアプリを公開停止に

Windows Blog ItaliaSoftpediaなどによると、米Microsoftが、世界各国のWindowsストアで10万本を超えるアプリの公開を停止したことが分かりました。

windowsstore81
Microsoftは今年に入ってからアプリのレーティングシステムをIARC(国際年齢評価連合)に移行しており、これに伴い、アプリ開発者は2016年9月30日までにIARCの審査を受け、年齢区分を新たに登録することが必須となっていたのですが、先週からMicrosoftが未対応アプリの公開を停止し始めたようです。

これにより、イタリアのWindowsストアでは、約9万本のアプリが公開停止となり、同ストアでのアプリ数は329,507本から239,216本へと減少しています。

また、ドイツでは328.639本から164.436本へと減少し、約17万本ものアプリが公開停止となったようです。

なお、今回の件はあくまで公開停止の為、アプリ開発者が対応することで再公開は可能となっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事