「iPod」が発表から15周年を迎える

米国時間の本日”2016年10月23日”で、Appleが「iPod」を初めて発表してから丸15年になります。

HT1353_30
「iPod」は2001年10月23日にMac向けのデジタルオーディオプレーヤーとして発表され、翌2002年に発売された第2世代iPodでWindowsにも対応し、これまでの累計販売台数は数字が発表されていた2014年9月末までで約3億9,700万台だったことから、現在は4億台を突破しているものと思われます。

また、2014年9月には「iPod classic」の販売が終了となり、初代から採用されてきたホイール付きのモデルがラインナップから姿を消し、現在は「iPod touch」、「iPod nano」、「iPod shuffle」の3モデルが発売されています。

なお、発表当時のプレスリリースがこちらで、発表時のスティーブ・ジョブス氏の基調講演の模様が以下の動画ですので是非ご覧下さい。




スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事