Apple、中国・北京の中関村サイエンスパークに研究開発センターを開設へ

DigiTimesによると、Appleが中国・北京にある中関村サイエンスパークに研究開発センターを開設する予定である事が分かりました。

apple-sign-sky
これは中関村科技園区管理委員会が発表したもので、研究開発センターでは家電製品や情報産業用コンピューターソフトウェア及びハードウェア製品、通信、オーディオ、ビデオ機器、先進技術の開発に注力され、500名の従業員を雇用する計画とのこと。

なお、2016年内に完成する予定です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事