「iPhone 7」シリーズ、予約したユーザーの3人に1人がジェットブラックを選択か

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 7/7 Plus」の出荷台数や予約状況に関する調査レポートを公開し、全世界で予約された「iPhone 7/7 Plus」のうち新カラーのジェットブラックモデルが30〜35%を占めていた事が分かりました。

th_iphone7ss

また、中国で「iPhone 7/7 Plus」を予約したユーザーのうちの45〜50%がジェットブラックモデルを予約していたそうで、ストレージ容量別では128GBモデルが一番人気のようです。

なお、ジェットブラックモデルが品不足なのは、低い製品歩留まりが影響しており、その歩留まり率は60〜70%と言われており、3台に1台が品質規格をクリア出来ずに出荷されない状況となっています。

更に、「iPhone 6s」シリーズの時は12カ国で同時発売だったものの、「iPhone 7」シリーズでは28カ国で同時に発売されたことも品不足に繋がっているようです。

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。