「iPhone 7」の32GBモデルの推定製造コストは約23,000円ほど

新型「iPhone」が発売されるといつもお馴染みですが、IHS iSuppliが、先日発売された「iPhone 7」の32GBモデルの部品コストに関するレポートを公開し、同モデルの推定部品コストは219.80ドル(約22,400円)で、「iPhone 6s」よりも36.89ドル高くなっていることが分かりました。

pogetdczmyclrajf
最も高い部品はディスプレイで43ドルとなっており、各部品ごとの推定コストは下記の通り。

・ディスプレイ:43ドル
・ベースバンドチップ:33.90ドル
・「A10 Fusion」プロセッサ:26.90ドル
・バッテリー:2.50ドル
・カメラ:19.90ドル
・フラッシュストレージとRAM:16.40ドル
・各種センサーなど:14ドル
・同梱品:11.80ドル
・アンテナやマイク、スピーカーなど:16.70ドル

また、これらに組み立てコストの5ドルを追加した推定製造コストは224.80ドル(約23,000円)になるとのこと。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事