「iPhone 7」の”総務省指定”の刻印 ー 総務省は将来的に電子的表示に対応させることを検討中

「iPhone 7」の発売直後、本体背面に「総務省指定」と刻印されている事が話題になりましたが、本日、総務省の高市早苗総務大臣が、この表示について、将来的に技適マークなどと同様に画面の中に表示する電子的表示に対応させる方向を検討していることを明らかにしました。

img_5380-2
高市大臣は、「iPhone 7」の「総務省指定」の刻印が話題になっていることについて聞かれた際に、「電波法に基づく表示。何ら問題のあるものではない」、「スマートフォンの画面で表示できる制度の導入について、現在検討中」とコメントしたそうです。

なお、現在の電波法では、「総務省指定」は”設備の表面の見やすい箇所”に表示する必要があり、、電子的表示が認められていません。


[via ケータイWatch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事