Apple、「iPhone 7」シリーズの一部モデルでIntel製のモデムチップを採用

「iPhone 7」の発表前に、同シリーズに搭載されるLTEモデムチップはQualcommとIntelの2社が供給するとの情報がありましたが、WSJが、問題に精通した関係者の話として、「iPhone 7」の一部モデルにはIntelのモデムチップを採用しているようだと報じています。

th_iphone7ss

「iPhone 7」に搭載されているとみられるIntel製モデムチップ「XMM 7360」は、3GでのCDMAがサポートされていない為、アジア各国や欧州、一部米国のキャリア向けであるA1778/A1784にのみ採用されているものとみられています。

なお、「iPhone 4S」から「iPhone 6s」まではモデムチップと言えばQualcommの独占状態でしたが、今回のIntelの参入により2社の並行供給体制へと移行されたことになります。

また、「iPhone 4」までモデムチップを供給していたInfineonの3Gモデムチップ部門は2010年にIntelに買収されている事から、IntelとしてはAppleへのモデムチップの供給を6年ぶりに復活させたことになります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。