Apple、2017年発売の新型「iPhone」への曲面有機ELディスプレイの採用に向けサプライヤーを選定中

2017年に発売される新型「iPhone」では有機ELディスプレイが採用されると言われていますが、Patently Appleによると、Appleは2017年に発売する新型「iPhone」の部品を開発するパートナーの選定を開始しており、2017年5月より生産を開始することを予定しているそうです。

th_iphone-6-curved-display-1
(Photo by Martin Hajek


有機ELディスプレイはSamsung Displayが供給する予定で、現在は有機ELディスプレイに使用されるフレキシブルプリント回路基板のサプライヤー(供給元)を探しているとのこと。

Appleは2016年第4四半期中にも有機ELディスプレイ関連のサプライヤーの選定を終える予定で、有機ELディスプレイは「iPhone」に採用された後、「iPad」にも採用されるものと予想されています。

また、新型「iPhone」ではSamsungのスマホのように左右が湾曲したデュアル曲面ディスプレイが採用されるものとみられていますが、Samsungと区別するために曲面部分が異なるデザインになるとの情報もあるそうです。



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事