Microsoft、「Windows 7/8.1」などを10月より月例パッチ制に移行

Microsoftは今年5月に「Windows 7/8.1」と「Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2」向けパッチ(更新プログラム)の提供を月例制に移行させることを明らかにしていましたが、本日、その移行を今年10月より実施することを明らかにしました。

windows-logo-06_story
これまでの個々のパッチを別々に提供する形では、ユーザーが適用するパッチを自由に選択できていましたが、その結果、断片化が発生し、異なるパッチがインストールされたPCが存在することになり、複数の潜在的な問題に繋がっていたそうです。

月例制にすることで、ユーザーが管理するパッチ数の減少やパッチの断片化の排除によるOSの信頼性の向上などの利点が生まれるそうで、各月のロールアップ(複数のパッチを1つのパッチにまとめたもの)は前月のロールアップを置き換えるため、Windows PCを最新の状態にするためには常に1つの更新プログラムのみを適用するだけ良くなります。

なお、Microsoftとしての目標は、Windowsでは今後、過去にリリースしたパッチを月例のロールアップにプロアクティブに追加していき、最終的に今まで出荷したすべてのパッチを取り込んで月例のロールアップを累積的とし、ユーザーが最新の月例パッチをインストールするだけでシステムを完全に最新の状態にできるようにすることだそうです。

 ・Microsoft

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事