「iOS 10」では「iOS 9.3.x」に比べストレージの空き容量が増加か

先日、「iOS 10 beta 1」が開発者に公開されましたが、「iOS 10 beta 1」にアップデートすると、「iOS 9.3.x」の時に比べてストレージの空き容量が増えることが分かりました。

ios10logo
Redditに投稿された情報によると、「iPhone」の128GBモデルでは、「iOS 9.3.2」でのストレージ容量(システムファイルを除いた空き容量)は113GBだったものの、「iOS 10 beta 1」にアップデートした後は121GBへと増えたそうで、OS(システムファイル)のファイルサイズが8GBも小さくなっています。

OSをクリーンインストールした端末同士での比較ではない為、何らかのキャッシュが削除され容量が増えた事なども考えられますが、他にも同様の報告が寄せられており、現在までに把握出来ている情報をまとめると下記の通りです。
(各数字は「設定>一般>情報>容量」の値です)

 iOS 9.3.xiOS 10 beta 1
iPhone 6s 64GB55.6GB59.07GB
iPhone 6s Plus 64GB58.82GB
iPhone 6s Plus 16GB12.6GB13.12GB
iPad Pro 12.9インチ 128GB114GB121.77GB

「iOS 10」はまだベータ版の為、正式版でのOSのファイルサイズがどうなるのかはまだ分かりませんが、「iOS 10 beta 1」での動向を見る限りは、OSのファイルサイズを小さくする方向で動いているものと予想されます。


[via Redmondpie

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事