Microsoft、iOS及びAndroid向けに「Xbox」アプリをリリース

本日、Microsoftが、iOS向けに提供していた「Xbox One SmartGlass」アプリをアップデートし、新たに「Xbox」アプリとして刷新し配信を開始しました。

Xbox
同アプリは「Xbox One SmartGlass」アプリの後継アプリで、下記の機能が搭載されています。

・ホームの更新 – プレイ状況フィードがXboxアプリのホーム画面です
・プレイ状況フィードの更新 – 使う人により合ったフィード
・トレンドの追加 – Xbox Liveで人気の高いアイテムをチェック
・Facebookの友達の検索 – Xboxを使っているFacebookの友達を追加しよう
・連絡先リスト フレンドの検索 – 電話の連絡先をXbox Liveのフレンドに追加しよう
・名前の公開 – フレンドと名前の公開が可能に
・ゲームの詳細 – Xbox アプリでも使えるようになりました。
・接続先場所 – Xbox One ナビゲーションとアプリのXbox Oneのメディアコントロールを更新
・プロフィールの更新 – Xbox アプリのユーザープロフィール デザインの更新


なお、価格は無料で、iPhoneとiPadの両方に対応したユニバーサルアプリとなっています。

また、同時にAndroid版もリリースされています。

Xbox
価格:無料 (記事公開時)


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事