Apple、やはり「WWDC」で「Siri」のサードパーティ開放を発表か

WSJが、事情に詳しい人物らの話として、Appleは今晩より開幕する「WWDC 2016」でSiriを外部の開発者に開放すると発表する予定のようだと報じています。

sirinewicon
これにより「iPhone」のユーザーは、Uberによる配車や航空会社のアプリによるフライトのチェックインなどをSiriに頼めるようになるとみられています。

また、今年はSiriがMacで使えるようになる見込みとのこと。

Siriのサードパーティへの開放については、先月も報じられており、「WWDC」でSDKのリリースが発表されるものと予想されます。



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事