Apple系ニュースサイト「9TO5Mac」の著名ライターであるMark Gurman氏が同サイトを辞めていた事が明らかに

Tech Insiderによると、Apple系ニュースサイト「9TO5Mac」のシニアエディターとして有名なMark Gurman氏が、現地時間の5月31日をもって同サイトを辞めた事が分かりました。

screen-shot-2015-09-08-at-11-32-50-am
同氏は15歳の頃から9TO5Macで記事を書いており、22歳になった今、9TO5Macを辞め、7月からは大手メディアで働くようです。

なお、9TO5Macの創設者であるSeth Weintraub氏は、Mark Gurman氏が同サイトを辞めたことについて以前から予定されていたもので、友好的だったと述べており、揉め事があって辞めた訳ではないようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事