新型「MacBook Pro」へのTouch IDやタッチバー搭載は確実か ー 別のルートからも情報が確認される

本日、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、「MacBook Pro」シリーズの2016年モデルは薄型軽量の新しいフォームファクタを採用し、キーボード面にはTouch IDと新しい有機ELディスプレイのタッチバーが搭載されると予測していることをお伝えしましたが、その後、9 to 5 Macも独自の情報筋よりこれらの情報を確認したと報じています。

macbookpro152015
また、Apple Insiderによると、Ming-Chi Kuo氏は、2016年第3四半期(7〜9月)に13インチの新しい「MacBook」が発売されるようだとも予測しており、12インチモデルとの違いなどは明らかにされていないものの、12インチモデルと1インチしか変わりがないところが興味深い戦略だと述べています。




スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事