米Microsoft、フィーチャーフォン事業をFoxconnの子会社などに売却する事を発表

先日の報道通り、本日、米Microsoftが、同社のフィーチャーフォン事業をHMD GlobalとFoxconnの子会社であるFIH Mobileに3億5,000万ドル(約383億円)で売却する契約を結んだ事を発表しました。

Nokia-222-SS-benefit4-jpg
FIH Mobileは、ベトナムのハノイにある製造施設「Microsoft Mobile Vietnam」も取得し、4,500人の従業員はFIH MobileもしくはHMD Globalのいずれかに配置替えされるか、入社する機会が与えられるとのこと。

また、取引の一環として、Microsoftはブランド、ソフトウエア、サービス、ケアネットワークとそのほかの資産、顧客契約、重要な供給契約を含めた、事実上全てのフィーチャーフォン資産を移転するそうで、2016年下半期に完了する予定です。

なお、「Windows 10 Mobile」の開発や「Lumia」シリーズのサポートは継続されます。

 ・ニュースリリース


[via 共同通信

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事