「OS X 10.11.4」にアップデートした一部の「MacBook Pro」でシステムがフリーズする不具合

MacRumorsによると、「OS X El Capitan」を搭載した「MacBook Pro」ユーザーから、「OS X 10.11.4」へのアップデート後にシステムがフリーズするようになったという問題が多数報告されていることが分かりました。

osxelcapitan

同サイトのフォーラムに寄せられた情報によると、同問題は「OS X 10.11.4」にアップデートした「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)」で集中して発生しており、フリーズしてしまうと強制再起動を行うしかないそうです。

同問題は「OS X 10.11.4」が正式リリースされた4日後から報告されており、問題を報告するユーザーによると、1週間に1回程度発生し、「Safari」や「Adobe Photoshop」を使用した際に発生するとのこと。

また、「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」でも発生したことが報告されており、クラッシュログからシステムフレームワークもしくはIntelのグラフィックスドライバのバグが原因ではないかとみられています。

なお、現在のところAppleからは何も対応策は公開されておらず、どうしても解決したい場合は、「Time Machine」のバックアップから「OS X 10.11.3」に戻すか、OSをクリーンインストールし直すしかないようです。

2 COMMENTS

TOMY

僕のMacBook Pro (Retina 13-inch Early 2015)でも起きました!
Adobe Ilustrator 使用中や Google Chrome で YouTube を見ているときなどに フリーズすることがあります。
やはり 解決方法は強制終了しか分かりません。

匿名

iMac 5K Late2015でもフリーズするよ
スリープの有無にかかわらずログイン画面が真っ黒になってレインボー

現在コメントは受け付けておりません。