Intelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」の一部仕様が明らかに

本日、Intelの第7世代Coreプロセッサである「Kaby Lake」(コードネーム)の一部プロセッサの仕様が明らかになりました。

intel_story

「Kaby Lake」は第6世代Coreプロセッサ(Skylake)と同じ14nmプロセスで製造され、チップセットの更新やPCI Express3.0のレーン数の増加などが行われますが、基本的には「Skylake」からの性能の大幅な向上はあまり見込めないものとみられています。

Intelはこれまでプロセスの微細化(チック)と回路設計の見直し(タック)を交互に繰り返す「TICK TOCK」の開発サイクルを採用してきましたが、14nmの「Broadwell/Skylake/Kaby Lake」からはこのサイクルが変更され、「Kaby Lake」は「Skylake」アーキテクチャを”最適化”した製品になると言われています。

今回仕様が明らかになったのは、デスクトップ向けの「Core i7-7700K」、モバイルノート向けの「Core i7-7500U」、2in1及びUltrabook向けの「Core M7-7Y75」の3つで、各CPUと現行モデルとの比較表が下記の通りですが、今回明らかになった仕様はエンジニアリングサンプルのものの為、動作周波数は抑えられている可能性が高そうです。

Core i7-7700K vs. Core i7-6700

  動作周波数/TB時 コア数/スレッド数 L3
Core i7-7700K 3.6GHz/4.2GHz 4/8 8MB
Core i7-6700K 4.0GHz/4.2GHz 4/8 8MB

Core i7-7500U vs. Core i7-6500U

  動作周波数/TB時 コア数/スレッド数 L3
Core i7-7500U 2.7GHz/2.9GHz 2/4 4MB
Core i7-6500U 2.5GHz/3.1GHz 2/4 4MB

Core M7-7Y75 vs. Core M7-6Y75

  動作周波数/TB時 コア数/スレッド数 L3
Core M7-7Y75 1.3GHz/1.6GHz 2/4 4MB
Core M7-6Y75 1.2GHz/3.1GHz 2/4 4MB

なお、「Kaby Lake」は今年8月頃より順次投入される予定と言われています。

[via WCCFTech

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。