「iPhone 7 Plus」を撮影したとされる怪しい実機写真が登場 ー Smart Connectorを搭載??

MacRumorsによると、中国のBastille Postというサイトに、「iPhone 7 Plus」と思われるデバイスを撮影した写真が掲載されている事が分かりました。

i_640x875_522074410
かなり怪しい写真で、恐らく偽物だと思いますが、特徴としてはアンテナラインが本体の上下エッジ部分のみになっていたり、デュアルカメラシステムを搭載している他、本体下部にはSmart Connectorと思われる端子が搭載されています。

また、「iPhone」のカスタマイズモデルを販売しているFeld & Volkが、上記の画像をもとに作った「iPhone 7」のレンダリング画像を公開しています。

fv_iphone_7_render_top fv_iphone_7_render_bottom

なお、Feld & Volkは、「iPhone 7」の本体の厚みは約6.1㎜と、「iPhone 6s」よりも1㎜薄くなると考えているようです。

fv_iphone_7_render_side_carbon

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事