【更新】Microsoft、米App Storeで写真から犬の犬種を識別してくれるアプリ「fetch」をリリース

本日、Microsoftが、米国のApp Storeで「fetch」という新しいiOS向けアプリをリリースしました。

1-Fun-Home-Result-1000px
同アプリは犬の写真をアップロードすると自動的にその犬の犬種を識別してくれるアプリで、識別してくれた犬種の説明を閲覧したり、結果をFacebookに共有したりする事も可能です。

同アプリには「Project Oxford」の画像識別APIが利用されており、同APIは、顔写真からその人の年齢を判定してくれる「How-Old.net」のサービスでも利用されています。

このアプリが面白いのは、犬だけでなく、人の顔写真からその人に似た犬種も検索可能で、試しにMr.ビーンことコメディアンのローワン・アトキンソン氏の顔写真で試してみたところボーアボールという犬種が一番似ているといった結果に。

IMG_4855
また、猫や花の写真を検索すると、それぞれ「猫及び花のように見える」といった感じになる為、犬以外の動物や物でもきちんと認識しているようです。

なお、同アプリは無料であるものの、現在のところ米国のApp Storeでのみで、日本のApp Storeでは配信されていないのですが、もしUSアカウントを持っている方は是非どうぞ。

 ・fetch – App Store


【更新】
英語ではあるものの、上記サービスのウェブ版である「What-Dog.net」も公開されました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事