Twitter、Appleのダイバーシティ&インクルージョン担当ディレクターを雇用

Twitterが、Appleでワールドワイドダイバーシティ&インクルージョン担当ディレクターを務めていたJeffrey Siminoff氏を雇用した事が分かりました。

new_twitter_logo
Linkedinの情報によると、同氏はAppleで2013年9月から同職として働いていたようで、Linkedinの情報はまだ書き換えられていないものの、同氏自身が来月よりTwitterのダイバーシティ&インクルージョン担当副社長に就任する事を明らかにしています。

なお、ダイバーシティ&インクルージョン部門とは、人種の多様性や女性の雇用など促進し、異なる価値観を持つすべての人を受け入れ、それぞれに実力を発揮させる職場風土を作る事が役目となっています。


[via iMore

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事