Apple、新型ディスプレイ技術を開発する研究施設を台湾に開設

ブルームバーグは、事情に詳しい複数の関係者の話として、Appleが台湾北部に新たなディスプレイ技術を開発する研究施設を開設した事が分かりました。

apple-sign-sky
Appleは台湾北部の龍潭という地区に新しい研究施設を開設したようで、同施設では少なくとも50人の技術者が「iPhone」や「iPad」など向けの新型ディスプレイを開発しており、製品の薄型化や軽量化、エネルギー効率の向上などを目指す目的で開設されたそうです。

同施設の技術者は「iPhone」や「Mac」に現在使われている液晶からさらに進化したバージョンの開発を進めているようで、有機ELパネルへの移行にも積極的で、米クアルコムなどから人材を採用しているとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事