【UPDATE】Apple、「セキュリティアップデート 2015-005 Yosemite」の配信を停止 − iTunes関連で問題があるとの情報も

先日、Appleが、「OS X Yosemite」と「OS X Mavericks」向けに最新のセキュリティアップデートをリリースしていましたが、理由は不明なものの、同社が「セキュリティアップデート 2015-005 Yosemite」の配布を停止しています。

SoftwareUpdate
同アップデートのダウンロードサイトは繋がらなくなっており、iTunes周りで問題があるとの情報もありますが、詳細は不明です。

 ・セキュリティアップデート 2015-005 Yosemite


【UPDATE】(2015年12月12日)
その後、12月12日未明に「セキュリティアップデート 2015-006 Yosemite」として配信が再開されました。

ただ、なぜ一時的に配信を停止していたのかは不明で、配信再開後のバージョンに何か変更点があるのかも分かっていません。

 ・セキュリティアップデート 2015-006 Yosemite


【UPDATE2】(2015年12月14日)
その後の情報では、006ではQuick Timeに関するパッチが含まれています。


[Thanks! ‏@gsmshrさん]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事