デトロイトなど、新たに11の地域がAppleのマップアプリの3D Flyover機能に対応

本日、Appleが、マップアプリの「3D Flyover」機能に対応した都市及び地域のリストを更新し、新たに11の都市及び地域を追加しています。

flyoverdetroit-800x450
今回、新たに対応が発表された地域は下記の通り。

・米国(アリゾナ州):モニュメント・バレー
・米国(ミシガン州):デトロイト
・米国(ペンシルバニア州):ピッツバーグ
・米国(フロリダ州):ペンサコーラ
・オランダ:ユトレヒト
・スペイン:パンプローナ
・ドイツ:ミュンスター
・ベルギー:アントワープ
・フランス:アヌシー
・フランス:アルデーシュ峡谷
・メキシコ:マサトラン

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事