次期「Mac Pro」への搭載が予想されるCPUの仕様やベンチマークスコアが明らかに

次期「Mac Pro」への搭載が予想されるプロセッサ「Xeon E5-2600 v4」(Broadwell-EP)は2016年前半にリリース予定と言われていますが、その「Xeon E5-2600 v4」シリーズの20コアモデルである「Xeon E5-2698 v4」の仕様やベンチマークスコアなどが中国のTaobaoに掲載されていることが分かりました。

TB19i3cKpXXXXXPXpXXXXXXXXXX_!!0-item_pic.jpg_600x600
公開されている情報から「Xeon E5-2698 v4」の仕様をまとめると下記の通り。

 ・コア数/スレッド数:20/40
 ・動作周波数:2.1GHz(TurboBoost時:3.50GHz)
 ・L3キャッシュ:50MB
 ・メモリ:DDR4-2133
 ・QPIリンク数:2
 ・PCI Expressリビジョン:3.0

次に、「CineBench R15」でのCPUのベンチマークスコアは”4980″となっており、現行の「Mac Pro」で選択可能な最上位CPUの「E5-2697 v2(12コア)」のスコアが”3100″前後なので、ベンチマークスコアだけで見ると61%も向上する事になります。

chidnmiejo
また、「Xeon E5-2600 v4」シリーズの最上位モデルは22コア/44スレッドになると言われており、同モデルの「CineBench R15」のベンチマークは5,000点を超えてくるものと予想されます。

なお、次期「Mac Pro」については、「OS X El Capitan」のコード内に新型「Mac Pro」と思われる機種IDが見つかっており、「Xeon E5-2600 v4」シリーズのリリース後である来春あたりに発売されるものと思われます。



[via 北森瓦版, WCCFTech

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事