「MacBook」に搭載されている「Intel Core m」プロセッサの次期モデルは2016年第4四半期に登場へ

DigiTimesによると、Intelはタブレット及び2 in 1向けプロセッサの2016年のロードマップをパートナーベンダーに明らかにしたようで、「MacBook」に搭載されている「Core m5/m7」シリーズの次期モデルである「KabyLake-Y」は2016年第4四半期に登場予定である事が分かりました。

SS 2015-11-29 1.52.17

「Core m5/m7」シリーズは今年9月に発表された「Skylake-Y」が最新のモデルで、現行の「MacBook」には1世代前の「Broadwell-Y」が搭載されています。

今年はもう12月なのでApple製品のモデルチェンジは行われない為、「MacBook」の今後のリリーススケジュールは、2016年2〜3月頃に「Skylake-Y」搭載モデルが、そして、早ければ2016年10〜11月、遅ければ2017年2〜3月に「KabyLake-Y」搭載モデルが登場するものと予想されます。

なお、「KabyLake-Y」については「Skylake-Y」と同じ14nmプロセスが採用され、「Skylake」の改良版といった形になるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。