2015年度上期の国内タブレット端末出荷実績 - メーカー別シェアはAppleが11半期連続で1位も、OS別シェアでは減少傾向

本日、MM総研が、2015年度上期(2015年4月~9月)の国内タブレット端末出荷台数の調査結果を発表しました。

ipadseries
2015年度上期のタブレット端末の総出荷台数は前年同期比8.0%増の446万台となり、このうち携帯電話キャリアのネットワークを利用する「セルラーモデル」はNTTドコモの販売ルートがiPad・Android共に好調に推移したものの、無線LANのみをネットワークとして利用する「Wi-Fiモデル」は減少し、その要因としては、スマートフォンの大画面化が進むなかで、7~8インチ画面の低価格帯Wi-Fiタブレット需要が減少したためとみられています。

また、メーカー別出荷台数・シェアは、Appleが統計開始から11半期連続で1位を獲得し、2位は富士通、3位はASUS、4位はソニー、5位はMicrosoft、6位はHuaweiの順になりました。

1447916399-1
(Photo Credit:MM総研)

次に、OS別出荷台数・シェアは、Androidが1位、iOSが2位、Windowsが3位となり、OS別シェアのトレンドは、Androidは2013年度以降45%前後で堅調に推移し、Windowsはシェア拡大傾向にあるものの、iOSのシェアは減少傾向で、2010年度通期シェアと比較するとシェアは半減しているとのこと。

なお、詳しいレポートはこちら

[via (株) MM総研 [ 東京・港 ]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事