Apple、個人情報を収集していた250本以上のアプリをApp Storeから削除

9 to 5 Macによると、Appleが、プライベートAPIを使用してユーザーの個人データを収集していた256本のアプリをApp Storeから削除した事が分かりました。

appstore

これはSourceDNAが調査した結果明らかになったもので、中国のモバイル広告プロバイダである「Youmi」が提供している広告用SDKが個人情報を勝手に収集し、サーバーに転送している事が判明したそうです。

その報告を受けたAppleもすぐに対象のアプリをApp Storeから削除しており、同様の手法が使えないよう承認プロセスも修正されたそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。