Apple、「MacBook」シリーズのRetinaディスプレイのコーディングが剥がれてしまう問題に無償交換で対応か

以前より一部の「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」にてディスプレイの反射防止コーディングが剥がれてしまう問題が多数報告されていますが、MacRumorsによると、Appleが同問題に対処する新しい品質プログラムを内部で通達した事が分かりました。

Retina-MacBook-Pro-Coating-800x600
Appleは同プログラムを一般向けには公開していないものの、最初の購入日から3年または2015年10月16日から1年以内(いずれか期間の長い方)、問題がある「MacBook」及び「MacBook Pro」のRetinaディスプレイを無償で交換する方針とのこと。

なお、既に有償で修理を行ったユーザーはAppleCareサポートを通じて返金して貰える可能性があり、このプログラムは一般公開されないものの、Appleは複数の問題が発生する可能性があるユーザーに対し連絡を行う模様。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事