Microsoft、iOS向け「Microsoft Translator」アプリをアップデート ー 「watchOS 2」に対応

本日、Microsoftが、iOS向けの翻訳アプリ「Microsoft Translator」をアップデートし、最新版のバージョン1.4をリリースしました。

Microsoft Translator

今バージョンでは、「Apple Watch」の「watchOS 2」に対応し、ウォッチフェイスに選択した言語で時間に合った挨拶を表示する事をが可能となっています。

また、「Apple Watch」から直接翻訳結果を再生したりする事も可能になりました。

なお、同アプリは無料となっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。