「Apple Watch」のモーショントラッキング機能を利用して睡眠分析が出来るアプリ「Sleep++」が登場

Cross Forward Consultingが、「Apple Watch」のモーショントラッキング機能を利用し睡眠分析を行う事が出来るアプリ「Sleep++」をリリースしました。

screen390x390

この機能は「watchOS 2」によって実現したもので、「Apple Watch」のモーショントラッキング機能を利用して睡眠時間や睡眠の質などをトラッキングしてくれるアプリで、データをヘルスケアに共有する事も可能となっています。

利用するには「Apple Watch」を寝ている時も着けていないといけない事と、活動量計のように自動的に睡眠を検知してくれる訳ではなく、寝る前に自分でスタートボタンを、起きた時にストップボタンをタップする必要があります。

screen322x572

なお、価格は無料で、アプリ内課金(240円)にて広告を非表示にする事が可能です。

Sleep++
価格:無料 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。