「Apple Music」の現在の登録者数は約1,500万人か

New York Postが、音楽業界筋の話として、Appleの定額制音楽配信サービス「Apple Music」の現在の登録者数は約1,500万人に達しているようだと報じています。

applemusic
同サービスは今年7月1日にサービスが開始され、9月30日までは誰でも無料で利用可能ですが、業界筋によると、登録ユーザーのうちの約半数はメンバーシップの自動更新をオフにしていないそうです。

もしこの情報が正しければ、1,500万人のうちの半分である750万人が無料期間終了後も契約し続ける可能性があります。

ライバルとなる「Spotify」の有料会員数は2,000万人以上となっており、「Spotify」に比べるとまだまだですが、あるアナリストは「Apple Music」の有料会員数が500万人以上に達すれば成功で、700万人以上だと大成功だと述べています。

なお、10月1日からは自動的に有料サービスとなるので、メンバーシップの自動更新をオフにしたい方は下記の関連エントリを参照して下さい。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事