「OS X 10.11 El Capitan」の最新ベータ版に「iMac 21.5インチ Retina 4Kディスプレイモデル」に関する新たなヒントが見つかる

今年6月、「OS X 10.11 El Capitan」のベータ版のコード内に「iMac 21.5インチ」の4K対応モデルに関するヒントが見つかった事をお伝えしましたが、本日、開発者向けにリリースされた「OS X 10.11 El Capitan beta 6」でも「iMac 21.5インチ」の4K対応モデルに関する新たなヒントが見つかった事が分かりました。

imac5k
「OS X El Capitan 10.11 beta 6」には、4K対応「iMac 21.5インチ」のディスプレイに関するメタデータが含まれており、そのファイルには4096×2304ピクセルの解像度などが記載されているそうです。

displayproductid-imac-2015 imac-2015-resolutions
また、ファイルのアイコンデザインが現行モデルのものと変わらない事から、「iMac 21.5インチ」の4K対応モデルでは本体デザインは特に変化ないものとみられています。

なお、新型「iMac」シリーズは、搭載するプロセッサのリリーススケジュールから早くても9月半ば以降になるものと予想されます。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事