Apple、4K対応「iMac 21.5インチ」を準備中か − 「OS X 10.11 El Capitan」のコード内にヒントが見つかる

9 to 5 Macによると、開発者向けにリリースされている「OS X 10.11 El Capitan」のベータ版のコード内にiMac 21.5インチの4K対応モデルに関するヒントが見つかった事が分かりました。

imac2014low
そのヒントとは、「4096 X 2304」という解像度の記述で、同記述は「OS X Yosemite」には存在していないとのこと。
(現行の21.5インチモデルの解像度は”1920 x 1080″)

retina
また他にも、「Intel Iris Pro Graphics 6200」と「AMD Radeon R9」シリーズに関する記述も見つかっており、これらGPUがiMac 21.5インチ 4Kディスプレイモデルや他の新型Macに搭載されるものとみられています。

chips

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事