楽天Kobo、高画質電子書籍リーダー「Kobo Glo HD」の国内販売を開始

本日、楽天の子会社であるRakuten Koboが、高画質電子書籍リーダー「Kobo Glo HD」の国内販売を開始しました。

d5889-220-103271-0

同端末は本年4月に発表され、すでに北米や欧州市場では販売されていましたが、高解像度のCarta E Ink HDタッチスクリーンや、6インチの持ち運びやすいデザインなどが特徴で、国内版には2つの英和辞書が搭載されており、英語学習者の実用性が高められています。

また、同社が日本で販売する電子書籍リーダーとしては初めて、「後読み」アプリの「Pocket」と連携し、ウェブサイトやニュースアプリなどからPocketアプリに保存した記事を、同端末からでも読めるようになっています。

「Kobo Glo HD」は「楽天Kobo電子書籍ストア」に加えて、家電量販店の一部店舗やオンラインストアでも販売され、販売開始を記念して本日から、同端末を購入し、楽天会員IDでログインした先着3,000名に「楽天Kobo電子書籍ストア」で利用できる合計2,000円分のクーポンをプレゼントするキャンペーンも実施されています。

なお、主な仕様は下記の通りで、価格は12,800円(税抜)でこちらから購入可能です。

「Kobo Glo HD」製品概要

・カラー:ブラック
・ディスプレイ:6インチのCarta E Ink HDタッチスクリーン
・解像度:1,448×1,072(300 ppi)
・内蔵メモリ容量:約4GB
・サイズ:115mm(幅)×157mm(長)×9.2mm(厚)
・重さ:約180 g
・ライト:フロントライト内蔵
・バッテリー持続時間の目安:約2ヵ月

1 COMMENT

Tess

Interesting… untairmiifrianosm is generally accepted as the default principle in the natural sciences, but apparently in studies of history it is considered a radical idea! Any scientist who was constantly trying to explain his or her own favorite object of study as a unique and special case not subject to the same laws that everything else obeys would be shouted off the stage.

現在コメントは受け付けておりません。