「iPhone 6s」のロジックボードの写真が更に流出 − 最小ストレージ容量は引き続き16GBに??

9 to 5 Macが、「iPhone 6s」のものとされるロジックボードの写真を公開しており、そのロジックボードをChipworksと共に調査した結果、小型化された新しいNFCチップや東芝製の16GBのNANDフラッシュメモリが搭載されている事が分かりました。

th_9to56sboard
NFCチップは「iPhone 6」と同じNXPセミコンダクターズ製であるものの、型番が「65V10」から「66V2」に変更されているとのこと。

th_nfc-chip
また、フラッシュメモリについては「iPhone 6s」からは最小ストレージ容量が32GBになるといった噂があるものの、今回の情報通りなら、「iPhone 6s」でもストレージ容量のラインナップは16GBからになる可能性がありますが、あくまでテスト機のロジックボードの為、正式モデルではどうなるかはまだ分からないそうです。

th_storagchip
更に、ケースメーカーから入手したという「iPhone 6s」のCAD画像も公開しており、厚みは昨日にお伝えした通り僅かに分厚くなり、高さで0.2㎜、横幅で0.1㎜大きくなるようです。

iphoneside

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事