「iPhone 6s」シリーズのCAD画像が流出か - 本体は僅かに厚くなる模様

ケースメーカーのITSKINSが、次期iPhoneこと「iPhone 6s/6s Plus」向けケースの開発を開始しており、「iPhone 6s/6s Plus」とされるCAD画像が公開されました。

gsmarena_001
「iPhone 6s」シリーズの厚みは若干厚なるようで、各モデルの厚みは、「iPhone 6s」は6.9㎜から7.0㎜に、「iPhone 6s Plus」は7.1㎜から7.13㎜になるとのこと。

厚くなる理由は感圧タッチ技術を搭載する為で、これが本物の「iPhone 6s/6s Plus」の寸法を基にしたCADデータなのかは不明ですが、本当であればデザインは基本的に変わらないようです。

なお、本体サイズが少し厚くなるといった情報は先日にもありました。

gsmarena_002
[via GSMArena

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事