Appleのジョナサン・アイブ氏、「最高デザイン責任者」に正式に就任

本日、米Appleが、役員紹介ページを更新し、デザイン担当上級副社長を務めていたジョナサン・アイブ氏が、Chief Design Officer(最高デザイン責任者)に正式に就任した事が分かりました。

screen-shot-2015-07-01-at-10-19-09-pm
この件については5月の時点で明らかになっていましたが、現地時間の7月1日をもって正式に就任したそうです。

また、今回の人事により、これまでiPhoneデザインリーダーを務めていたRichard Howarth氏が、インダストリアルデザイン担当上級副社長に昇進し、Apple Watchのソフトウェアデザイン開発の責任者であるAlan Dye氏が、ユーザーインターフェイスデザイン担当上級副社長に昇進しています。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事